ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


東洋経済もマイレージ

東洋経済という、堅めの経済週刊誌を初めて買ってきました。
特集に、『ポイントカード大氾濫!』と言うのがあったから。

提携の関連図などは、今までも日経トレンディーやダイヤモンドZAIなどと同じですが、さすがに経済専門誌だけあって利用する方法と言うよりは、経済的側面から取り上げています。

興味深かったのは、JALやANAがマイレージプログラムで大もうけしていると言うこと。
何となく損はしていないと思ったのですが、基本的に1マイル3.5円でマイルを販売していると言うこと。
JALHPからの買い物で、今まで最高100円で3.5マイルをJoshinwebで頂きましたが、10%を超える値引きに相当しますね。
もちろんこの特典はすぐ終わってしまい、通常のマイル付与も少なくなってしまいました。(商売になりませんよね。笑)

昨年のOMCカードの投資信託手数料でもらった6万マイル。
3万円の手数料を6万マイルに交換したのですが、3.5円で1マイルを買っていたとしたら、OMCはJALに21万円を支払ったことになります。
取引量に応じて値引きはあるでしょうが、2円だとしても12万円です。

カード会社各社がマイレージへのレートを下げるのもよく判ります。
当初、マイレージに交換する人はそれほど多くはないと、サービスのつもりで魅力的なレートを設定したら、実はマイレージに交換する人が多すぎたと言うところでしょう。

JALの場合、1万マイルで1万5千円分のJALクーポンが頂けますが、3万5千円の収入で持ち出しは1万5千円ですから大儲け。

無料航空券でベトナム行ったとき、タダで乗せてもらって申し訳ないと思っていましたが、航空会社は通常のチケットを売るよりずっと儲けていたのですね。

JAL再建のために、どんどんマイルを貯めなければいけないと決心しました。(笑)

で、あきらめていたイオンカードのときめきポイントも無事JALマイルになりました。500マイルだけですが.......。
ついでにアプラスのポイントも加算されていました。
こちらは4000マイルで、JALマイレージは185,266マイルになりました。
今年に入っての加算は22,213マイルで、まだ1日1000マイル以上になっています。
明日が最後になりそうですが。

今年もずいぶんJALを儲けさせているようです。(爆)

今日もランキングにワンクリックご協力お願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログへ
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

はじめまして。
私も身分不相応なこの雑誌を買って読みましたが、JAL再建を考えるとホント、マイルを貯めることに遠慮は要らないみたいですよね。去年の年末に期限切れマイルを無駄にしたくない一心で陸マイラーな方々のブログに辿りつきまして、貯めるのに精を出そうと思っていただけに何だか後押しされた気がします。
今後ともよろしくお願いいたします。
結城沙羅さん おはようございます
マイルを貯めるのはJAL再建の一助になるのかもしれません。
きちんとお金を貰って、乗せるときは空いた席ですからね。(笑)
遠慮するどころか、感謝していただきたいところです。
もう少し特典航空券に座席を割り当てて貰いたいところですよね。

へたな団体チケットを売るくらいなら、マイレージで乗せた方がよっぽど儲かりそうですよね。
なるほど、面白い特集ですね。
さすがJAL
ただでは転ばない訳ですね。

何だかんだで、マイルも期限切れで失効させている人も未だに多そうですし、丸儲け、なのかも知れませんね。

航空券よりマイルを売る、なんて発想した最初の人すごいです。
ハルカさん こんばんは
書き漏らしましたが、もちろんANAも儲けています。
Edyに交換させれば大儲け。
陸マイルを貯めれば貯めるほど、航空会社は『毎度ありがとうございます』のようです。

それでも、タダで乗るためには集めなければなりません。

ある程度貯まったら、レートも考えなくてはいけませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。