ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


SBIカードとポイント

住信SBIネット銀行の振り込み回数増強のために作ったSBIゴールドカード。
ポイント制度がやたら面倒くさそうとは感じていたんだけど、2倍とか3倍とかのキャンペーンに釣られて、つい利用してしまった。

2倍の時に5万円 3倍の時に6万円ほどなのだが......

面倒なら貯まったポイントは捨てても良いくらいに面倒なポイントのルール。

一応調べてみました。

カード利用で貯まるポイントはサークルプラスポイントと言うそうです。

ポイントは1000円利用で10P
半年間の利用でボーナスポイントが貰えます
25万 2500P  50万 500P  100万 2500P  150万 7500P  200万 10000P

このポイントは基本キャッシュバックみたいで、その率はカードのステータスによって異なります。

3000P  1200円 1800円 2000円(レギュラー・ゴールド・プラチナ)
5000P  2000円 3000円 4000円
10000P  5000円 8000円  1万円

この微妙な対数的な交換レートがめんどくささを倍増させている原因です。

ポイントの有効期間も見ているページには載っていないのですが、取りあえず3000P貯めないことにはキャッシュバックは受けられません。
キャンペーンやボーナスを無視すると単純計算ですが、30万円の利用が必要だと言うことになります。
ゴールドカードなので、30万円の利用で1800円のキャッシュバック.....よくありません。

現在金曜日の利用がポイント3倍なので、全部金曜日に利用するとして10万円で1800円のバック。
明細でざっと計算したところ、2倍と3倍の時の利用なので、モチッとで3000Pと言うところにあるようです。
5000Pにするには、金曜日に7万円くらいの利用をすると良いようです。
しかし、曜日限定のキャンペーンでは請求日はショップ任せになるので通信販売には使えません。

さて、SBIポイントと言うのに交換すると、マイル交換などが見えてきます。

サークルプラスポイントからSBIポイントへの交換レートがまた複雑

1000P 250 350 500(レギュラー・ゴールド・プラチナ)
3000P 850 1250 1700
5000P 1700 2500 3400
10000P 4200 6700 8400

この複雑さにも文句の一つも言いたくなるのをぐっと我慢して、SBIポイントを調べます。

マイルに交換するのに、レートの良さそうなモノから順に

T-POINT 500<<500SBI
JTBトラベルポイント 400<<500SBI
PeX 4000<<500SBI
JAL 300<<900SBI
ANA 200<<700SBI

ANAを貯めるならTポイント経由かソラチカカードをお持ちならPeX経由のメトロってところでしょうか。
JALならPeXかJTB経由って事になりますね。

なぜこんなのを調べたかというと、住信SBIネット銀行のランクが一番高くなったら、毎月50PのSBIポイントが頂けるのです。
カードのポイントとうまく組み合わせて利用できないかなとか考えましたが.....

現状では、おとなしくサークルプラスポイント3000Pを1800円にキャッシュバックするのがお得なようです。

マイルにはやはり公式マイレージカードがお得でしょうし、通常利用ではリクルートプラスが一番だと思います。
でも、結局マイルに交換するなら、マイレージカードという選択になるのでしょう。

このSBIカードにも少し期待したのですが、3倍ポイントで気を吐いていますが、マイルにするにはSBIポイント交換時にレートが悪すぎです。
ゴールドでも悪いと思うので、レギュラーなら利用しない方が良いかもしれません。

まあ、月15回の振込手数料無料はいらないので、来年はゴールドからレギュラーに格下げして所持したいと思っています。
それでも、月7回の振込手数料無料は魅力的です。
年会費900円は大変お得です。
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。