ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


燃油サーチャージも改悪

JALが4月からの燃油サーチャージを発表しました。

▽JL、燃油サーチャージ額(2015年4月1日~5月31日)
路線/改定後/現行
韓国、極東ロシア/500円/1000円
中国、台湾、香港/2500円/3500円
グアム、フィリピン、パラオ、ベトナム/3000円/4000円
タイ、シンガポール、マレーシア/4500円/6500円
インドネシア、インド、ハワイ/6000円/8500円
北米、欧州、中東、オセアニア/1万500円/1万4000円

値下げには違いないのですが.....

4月からの燃油サーチャージは、12月と1月のシンガポールケロシン(航空燃料)の価格を基準に決められ、70ドル前後になるので、高くて7000円。70ドルを下回ると3500円(欧米片道)と思っていました。

結果は、12月の値下がり途中のまだ高い価格が足を引っ張って71ドル平均くらいになり、片道7000円かと思いきや!!日本航空さんはウルトラC技を出してきて、基準価格を円建てに変えてかっちり値上げしてきました。

最近冷たくされている、政府・国交省に円安のあてつけをしたとも思えるような、見事な変貌。

全日空さんの動向を見てからこのネタ書こうと思っていたのですが、JALのいきなりの裏技に対応がまだ済んでいないようで.....
発表が遅れているようです。

遅れていると言うことは、追従するんでしょうかねえ。

燃料が上がっているときなら、チケットを売るとき想定した金額より燃料代が上がっているので負担もあって大変でしょうが、値下がり局面では、想定の燃料費より負担は少なく航空会社は儲けている状況です。

もう解約しましたが、6月のパリ往復の燃油サーチャージは2万5千円くらいだったかと。
原油が若干値上がり傾向ではありますが、実際飛ぶときには燃油サーチャージは改訂後の円建てでも7000円のラインだと思われます。
カミさんと2人で、 日本航空には7万2千円も燃油サーチャージの差益が出るわけです。

この状況下で、値下げになるから良いだろうと、せこい円建て作戦に出たわけです。

実際、3月連結決算では1350億円の連結純利益を1390億円に上方修正したばかり。
主な要因は、貨物収入の増加と燃料価格の低下。

おまけに、この利益には税金がかけられないんですよ。

もう、稲森イズムはどこかに飛んで行ってしまったのかもしれません。

さて、全日空さんはどう出るんでしょうね。
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

いろんな方がシンガポールケロシンを計算していて、69ドル台だそうです。
つまり71ドルというのもインチキです。

稲盛イズムうち「利益確保」以外は捨て去ったのかもしれませんね。

日本の場合、改悪しても客離れはしないから出来ちゃうんですよね。
競争があって無いような国ですから。
Re: タイトルなし
ぽろりんさん 前回も一般人の計算と違っていました。若干高め。
市場がお休みの日も前営業日の価格で1日として計算しているので違ってくるのかなあとか思っていました。
もしくは、日系の航空会社だけ高い値段で買わされているとか....(爆)

後出しのANAが対応に苦慮しているのか、発表が遅れていますね。
新ユニフォーム代を乗せてくるのか、お客様本位で行くのか....楽しみです。
同じANAのムジナ…
残念ですが、ANAも同じでした。

>全日空も燃油条件変更、実質値上げ-日本航空と同水準
2015年2月10日(火)
 全日空(NH)は2月10日、2015年度(2015年4月~2016年3月)の燃油サーチャージ適用条件表を発表した。従来は米ドル建てで区分していた適用ゾーンを、日本販売分については円建てに改定。燃油サーチャージをゼロとするシンガポールケロシン市況価格については、1バレルあたり60米ドルから6000円に変更した。6日には日本航空(JL)が、同様の適用条件変更を実施したところ。

 現在の為替レートでは60米ドルは約7100円に相当。逆に6000円は50.6米ドルであり、従来ではシンガポールケロシンの市況価格が2ヶ月平均で60米ドルを切った時点で燃油サーチャージは徴収しないこととしていたが、現状の為替レートで新たな条件表を適用すると50.6米ドル未満に下がるまで燃油サーチャージを徴収することになる。

 4月1日から5月31日の発券分については、日本発航空券の燃油サーチャージ額を現行から引き下げ。12月と1月までのシンガポールケロシン市況価格は平均71.02米ドルで、同期間の為替平均1米ドル118.85円を乗じれば8441円となるため、設定額が最も安い韓国では1000円が500円に、最も高いハワイを除く北米、欧州、中東、オセアニアでは1万4000円を1万500円に引き下げる。

 しかし、市況価格71.02米ドルを現行の条件表にあてはめると、韓国は300円、北米などは7000円となるため、少なくとも現在の為替レートにおいては、現行の条件表からは実質的に値上がりすることとなる。

 NHでは今回の変更の理由については、JLと同様に昨今の原油価格や為替レートの急激な環境変化を考慮したものと説明。適用ゾーンの区分を円建てに変更したことについても、日本市場の利用者に対して、「透明性のある対応をするため」としている。

▽NH、燃油サーチャージ額(2015年4月1日~5月31日)
路線/改定後/現行
韓国/500円/1000円
中国、香港、台湾、マカオ/2500円/3500円
ベトナム、フィリピン、グアム、サイパン/3000円/4000円
タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー/4500円/6500円
ハワイ、インド、インドネシア/6000円/8500円
北米(ハワイ除く)、欧州、中東、オセアニア/1万500円/1万4000円
Re: 同じANAのムジナ…
NZKIDS さん お知らせありがとうございます。
本当に残念です。

ただ、利益に税金のかからないJALと違って、ANAはキッチリ法人税も支払わなければいけないので、追従せざるをえなかったのも理解できます。
税金のかからないJALがこんな事をするなんて、理解できません。

無税の間だけでも、客の方を向いた経営をして欲しかった。
重ね重ね残念です。

ところで、コメントに付いていたタイトル気に入りました。
事後承認ですが、本日のタイトルに使わせていただきました。
問題ありましたらご連絡ください。
差し替えますので....
ありがとーございます
タイトル、気に入っていただいて、嬉しいです。
いつも楽しみにブログ、読ませていただいてます。
燃油サーチャージや漢方スタイルカードの改悪、円安…海外旅行に行くには向かい風がキツくなってます~。
ANAのマイル貯めるのに、いいカードはないですか?ANAカードもマイル移行費上がるし。
Re: ありがとーございます
NZKIDSさん 承諾ありがとうございます。

いいカードは....無いですねえ。

一つ思いつくのは、Gポイントカード。
あれでポイント貯めて、ソラチカカードがあればメトロ経由で少しレートが上がると思いましたが.....
今度調べてみます。
使い道は?
なるほど。ありがとーございます。
貯めたマイルの使い道は、JALもANAも、やはり、ファーストクラスやビジネスクラス狙いが一番無駄がないんでしょうか?
今年は、狙ってみたいなあ。
Re: 使い道は?
NZKIDS さん 無駄という点ではどうか判りませんが、お得度という店では上級クラスの利用がマイル単価が上がるのでと言う事ですが、座席数も厳しくなりますし....
夏以降は上級クラスのマイル数が増えてしまうので、何とも難しいところです。

貯まったマイルと、どういった旅をするのかによると思います。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。