ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


初B787とVIP待遇!?

岡山空港のANAラウンジで昨日ブログを書いたのはマスカットラウンジ。

いつも帰りの空港には早く行きます。
今回はレンタカーも返さなければいけないので、お昼を天満屋さんのファミリーレストランで頂いた後、空港に向かいました。
四国にも渡ったり結構走ったつもりだったのですが、アイドリングストップも付いた日産マーチは10リットルしか入らない低燃費。
空港のスタンドはかなりの高いガソリンでしたが、エコな燃費に助けられました。

日産レンタカーから空港に送られてきましたが、かなり時間が早くカウンターで受け付けもしていない。

それでもANAカウンターに行くと、受付して頂けました。
預け荷物のセキュリティーが動いていないので、後から職員さんが通してくれるとのこと。
セキュリティーの係員は暇そうにそこにいるのですが......

手荷物検査のセキュリティーも動いていないので、ラウンジに入れるまで1時間以上.....
空港のANAフェスタで吉備団子のお土産を買っても.....時間はたっぷり。
うろうろ歩いていると3階にマスカットラウンジなんてのを発見。
ANAのゴールドカードでOKだというので、入室できました。
カミさんの家族カードもOK。
ただし2時間まで無料だと言われました....

カミさんはうたた寝、私は独房風喫煙室でブログをタブレットで書いて過ごしました。

頃合いを見てマスカットラウンジを後にしてセキュリティーを抜けてANAラウンジへ。
キリンの生は最高に美味しく感じました。

時間になったので搭乗口に行くと、ちょうど優先搭乗が始まるところ。

機内に入ると....なぜか真っ暗に近い。
何と機材が変わってB787-8じゃないすか!
いやあ、初めてのB787です。

新しいのでシートのクッションも感じがよいですし。
何より、地上走行時がスムーズなのに驚きました。
サスペンションの出来がかなり良さそうです。
騒音に関してはそれほど静かには感じなかったのですが、羽田で乗り換えたB777-200に乗って初めて静かなのが判りました。
乾燥しすぎないのも体感できるほどですし、在来機が海抜2500m程度の気圧から1800mに改善された効果は大きいですね。
あめ玉をなめてはいたのですが、耳抜きを一度もしませんでした。
新千歳着陸時には数回したので、これもかなり快適さが高いと思います。
1時間あまりのフライトではありましたが、B787を堪能して羽田空港に到着。

実は滑走路に行く途中に気象レーダーがおかしくなったかとかで、一度誘導路に戻ってリセットかけたら直ったとか不安なことを機長アナウンスで言っていました。
どうにも電気系統に不安があるみたいですね。

実は、国内線で乗り継ぎは今回の旅行が初めてでした。
国内線から国際線、国際線から国内線は毎回やっているのですが.....

行きでも体験していたので、国内乗り継ぎの係員さんを探してチケットを提示。
次の搭乗口まで1キロほどありますが、歩かれますか? バスでお送りしましょうかと聞かれました。
さすがに疲れているのでバスでお願いしますというと、ラウンジは通り過ぎますがよろしいですかと。
元々40分しか乗り継ぎ時間はないので、ラウンジに寄る時間はないと思っていたのでバスをお願いしました。

男性係員が1名しっかり先導してくれて連絡バスへ。
私たち夫婦2名だけ乗車の貸し切り状態でゲートそばまで行き、エレベータで出発階へ到着するとお気を付けてと係員さんに見送られて搭乗ゲートへ。
もちろん、おかしなところに勝手に行かれては困るとの配慮で係員の片が付いてこられてのでしょうが、その対応が素晴らしく、VIP気分に浸りました。

前回、羽田のラウンジでの対応とはあまりに違って、さすが五つ星航空会社と言うところでした。

搭乗時間になり、お手伝いの必要な方の搭乗が終わると、ゲート前にかなりの人数が待っています。
最近上級会員が多くて、優先搭乗も結構並んだりするんですが、ならんでる感じではないんです。

私たち夫婦がゲート前に向かうと、男性係員は優先搭乗のパネルを指さしてそのグループに注意しているのですが、一向によけてくれなくて...ついには睨み付けて、手で追い払う仕草。
これにはちょっとびっくりしましたが、しゃべっている言葉が聞こえて納得。

この国の人たちにはフィンランドでもひどい目に遭いました。
ヘルシンキ空港のチェックインカウンターでコンピュータがトラブったとかでチェックインがなかなか行われなかったのですが、エコノミーもビジネスもカウンターはその国の人たちが占拠。

ビジネスクラスのカウンターに少し隙間を見つけたのでカウンターで気候と進んだら、大声でみんなに罵倒されてカウンターまでいけませんでした。
もう、つばでも飛ばされそうな雰囲気で、小心者の日本人はあきらめました。
仕方がないので列の一番最後にならんだら、その前にならんでいた中国人の女性はJALの上級会員。

あまりにおかしいという話になって、中国語・日本語・英語が堪能な女性にカウンターに行ってもらいました。
しばらくして、戻ってくるとビジネスクラスのカウンターはOKですとのこと。

結局、かの国の人たちはみなエコノミークラスだったようです。
私たちがカウンターに行くと、添乗員らしき人がこの人達は上級クラスだからとかなだめていたようです。
相変わらず、すごい目つきでにらまれましたが......

この国の人たち、読売新聞によると。
一日で天安門広場のゴミの量が5トンになったり、世界遺産でバス乗車のトラブルから武装警官が出動して4000人が世界遺産の取り残されたりと、当局もそのマナーの悪さに頭を悩ませているとか。

機内でも、大声で前後の席で話し合う人が隣にいて、席を移動したことがありました。

ただ、ヘルシンキ空港で助けてくれた人は中国人の方で、旦那さんは日本人。娘さんもとっても可愛い子でした。
民族で一概には決めつけられませんね。

なんだか、最後は横道にそれてしまいましたが、B787は乗りましたので、次はA380を何とかしたいですね。

人気ランキング参加中

 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

No title
すみません、「どっちの国」の人のこと、なのかが読んでいてよくわかりませんでした。

で、いろいろと検索してみてああ、なるほどね、あっちの国の人のことなのねと。
なに、今に始まったことではないし、あれだけ人数の多い国ですからまあ、いろいろな人がいるでしょうね。

私にもありましたよ、自称アジアナンバーワン航空会社の国内ラウンジ内で。 ラウンジ職員はこの集団の暴走を停めるでもなく。(私が某社を嫌いになった理由の一つでもある)

そもそもビジネスクラスの意味がわかっていない輩が多い国ですし(というか共に産む主義ではみんなが平等、上下がない)、ところ構わず、がー、ぺっ、とタンを吐く民意度の低い人たちばかりの国ですし、パジャマで平気で日中にお買い物に行かれる人たちですし、もう、言うだけ無駄、の気もします。
ただね、金持っているいない、に関わらず、ごく稀に民意度の高い人がいるのね、あの国は。 個人的には友人もいるし、あの国の人は好きなんだけど、まあいろいろとあるわな。
No title
すごい、そのVIP待遇、いいな~
B787ついに乗ったんですね~♪
いいな~

そうそう日本人は、小心者ですよね・・・あの中国人のパワーには、かなわないです・・・
Re: No title
匿名希望さん....良い人も多いでしょうがどうにもならん人も多いようです。
人口が半端ではないですからね。
パジャマ着て買い物は何も中国に限ったことではありません。
スペインのおばちゃんもやっているようですよ。(笑)

それにしても、今回のANAのサービスは最高でした。(爆)
Re: No title
> すごい、そのVIP待遇、いいな~
> B787ついに乗ったんですね~♪
> いいな~
>
> そうそう日本人は、小心者ですよね・・・あの中国人のパワーには、かなわないです・・・

787良いですよ。
まあ、そのうち787だらけになるのでしょうけど.......
ヘルシンキ空港
ヴァンター空港でありました!出国審査ゲートや26番ゲート付近のタックスフリーの窓口で並んでいましたが…出国ゲートでは一人で並んでいるのかと思いきや家族?ツアー仲間がギリギリまで買い物をして合流する?割り込み?的な事や免税払い戻し窓口でもどんどん前に並ぶ人が増えじっと待ってるのは日本人でした。でもその前に並ぶ団体に交渉して割り込む欧米人も居ました。搭乗に間に合わないとかで。

旅行のルールや空港のマナーも織り交ぜて海外に出て欲しいと思います。客観的に自分を見つめて欲しい。いろいろ難しい問題ですが。
Re: ヘルシンキ空港
estさん あの空港、かなり中国人の比率高いですよね。もちろん日本人も結構居ましたが.....

免税の窓口は混んでいますね。
ヨーロッパから帰国するのに使う人が多いと言う事ですよね。
当初のもくろみは成功しているようですね。

パリでも色々ありましたよ。
信号待ちに数十人の団体が歩道に固まって、交差点が機能しなくなったり......
ツール・ド・フランスで道路を渡れなくなったとき、数十人の団体が地下鉄を利用して渡ろうと、しばらく改札が利用できなくなってしまったり....。

そもそも小心者の日本人な上に、多勢に無勢ですから.....あきれて見ているしかできませんでした。

個人的には良い人も多いだけに、損してるなあと思いますね。

そして不思議なのが、日本人と隣の国の人をフランス人がはっきり見分けていることです。
そういったグループにどうしようも無いねと言う顔をして私に笑いかけるフランス人カップル。
他にもそういった反応が結構あって、どうやって見分けているのだろうと不思議でした。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。