ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


ボーイング787 生写真

B787の国内検証プログラムが行われています。
最初に就航するのは羽田から岡山か広島辺りらしく、関西方面への飛行ばかりで北方面はなしのつぶて。

そんなときに30年来の友人が生写真を送ってきてくれました。(おやじいさんありがとう!)
航空写真というと、バズーカ砲のような超望遠レンズを付けないとなかなか取れないのですが、手持ちの機材で頑張って500枚程撮ってきたとブログに書いてありました。

先日ミラノのジロ・デ・イタリアゴールで、私も必死に写真を撮りましたが、目の前を50キロで疾走する自転車を撮るのは至難の業。
数百枚撮りましたが......お気に入りは数枚だけ。
私の場合は腕が伴っていなかったのですが、機材があっていないのも思ったような構図が取れなかったり大変だったと思います。

まあ、苦労話は彼のブログ(にゃんころりん~ B787な休日)に譲るとして、まずはご覧ください。
クリックすると、もちっと大きな画像が見られます。



_IGP3909.jpg

大きな2つのエンジンが特徴的ですね。
そして操縦席の辺り、かなりすっきりしていて空気抵抗が少なそうです。

機体番号は米国国籍のままだそうで、日本とアメリカの混血状態ですね。
国籍とは関係ないか.....

何時になったら乗れるでしょうね。
楽しみにしたいと思います。

昨夜は今週最初の会合で、イタリアンを頂きました。
前回もイタリア料理だったのですが、何で日本のイタリア料理ってボリュームが少ないのでしょう。
イタリアの酒井さんに連れられていったイタリア料理店で、巨大なお皿と山盛りの料理が目に焼き付いていて、どの料理も前菜かと思ってしまいます。(酒井さんおいしかったですよ!ありがとう!)
その前菜も巨大なお皿に食べきれないほど載っていたのですが.......

味は良かっただけに、ボリュームだけイタリアンで無いのは不満でした.....が、お金持ちの友人がモエシャンドン(シャンパン)を入れてくれました。
いやあおいしかったですねえ。
ゆっくり味わって飲んでいたのですが、缶酎ハイと同じと思っている友人が2人いて.....ちょっと悲しかった。(爆)

○ぐりんさん、ごちそうさまでした!
持つべきモノは友人ですね。

フランスの蔵元から買ってきたのがまだ一本家に残っています。
これはカミさんの誕生日に開けたいと思っています。

人気ランキングにいつもご協力ありがとうございます。
今日も、もう一押しお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログへ
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

にわかオタク
こんにちは。

ブログ掲載有り難うございます。
メインカメラに300mm+X1.5テレコン。サブ機は、28-200のズーム。
冬一時帰国したときお江戸に持ってきておいてよかった。
大砲の方数名居た。
にわか飛行機カメラマンは画角が甘い。
機材を仕舞い帰ろうとしたら、近くのオタク風の方に中国東方航空の西安の博覧会(今年の秋まで)特別塗装機が来るから撮って置きなさいと言われる。
羽田へは2回目だとか・・・。
言われるままカメラに納めてきました。笑
普段から羽田で練習しなくちゃ、猫相手ばかりしておれない。笑
日本でイタリアンな量にしたら、みんなメタボになっちゃいますよ (^^;)
Re: にわかオタク
おやじいさん 本当にありがとうございました。
新千歳なら見に行くことも可能でしたが、さすがにこのためだけに空を飛ぶのは.....(笑)

2台体制で行かれたのですね。
重かったでしょう!

しかし、オタクさんに声をかけられたと言うことは、同じニオイがしたのかもしれませんよ。(爆)
Re: タイトルなし
ぽろりんさん 本場イタリア料理は、高級店は量も少ないですが、庶民の行くお店では余程の大食漢でも食べきれない量が出ます。
そこまでは要求しないのですが、もう少し見た目たっぷりな感じが欲しい。
特に気に入った料理はもう一口食べたくなるのですよ。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。