ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


どのマイレージを貯めるか

これから始めるマイレージ5回目 どのマイレージを貯めるかについてです。

フライトマイルと特典航空券の基本を少し理解していただけたでしょうか。

一番の問題はどこのマイルをためるかと言うことです。

基本的に、地方在住者ならお近くの空港に飛んできてる航空会社のマイルをためるのがよいと思います。
ANAしか飛んできていない空港のそばに住んでいてJALを一生懸命貯めても、成田や羽田までANA便を購入しなければならなくなります。
せっかく無料で飛ぶことを目指すのですから、無料で完結したいですよね。

国際線の特典航空券には、JALなら国内線も無料で乗せてもらえますし、ANAは国内線分も計算に入れなければなりませんが、東京発と同じか増えても5000マイル程度の場合がほとんどですから、国内分別手配よりかなりお得になります。
近くの空港にはJALしか飛んでないけど、国際線はANAは少ないからと言う場合は、同じアライアンスの便を利用することで、マイルはより必要になりますがマイルでほとんど世界中に飛ぶことも可能です。

首都圏の羽田成田に直接行かれる方なら、赤が好きならJALで青が好きならANAというのでもよいかもしれません。(冗談です....)

とりあえず飛行機に乗る機会があれば、空港のカウンターや機内でマイレージ会員を募集しているので、それに乗って入会するのも手です。
マイルも無駄なく貯まりますしね。
JALだとWAONが付いたカードがおすすめです。ANADAとEdy付きでしょうか。
出先ではクレジットカード機能のない、会員証のカードで結構です。
入会金も年会費も必要ないので、気軽に申し込んでみましょう。

どんどん夢は広がりますが、航空会社も慈善事業をしているわけではないので、厳しいルールがあります。

JALとANAはマイレージの有効期限が3年と言うこと。
(外国にはもっと有効期限が長いものもありますが、それらは後で解説したいと思います。)
毎年1万マイル貯めて、4年でハワイに行こうと思っても、3万マイル貯まった時点で期限切れが始まってしまいます。
国内線を特典航空券でと考えると、1年間に5000マイルをコンスタントにためる必要があるという考え方も成り立ちます。

でも、1年に5000マイルも飛行機に乗らないという方も多いと思います。
新千歳-羽田でほぼ5往復ですから、かなりハードルは高いと思います。

ここから先が陸マイラーの腕の見せ所となるわけですね。

これから始めるマイレージは、カテゴリーで読むと便利です。
これから始めるマイレージ
関連記事
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。