ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


メルセデス嫌いです

手に汗握るレースとなったラスベガスGP
結局はレッドブルのフェルスタッペンがペナルティーを貰いながらも優勝。
抜きにくそうなコースの割にバトルも沢山有って、目が離せないレースとなりました。

ただコースには問題があって、最初の練習走行でマンホールのフタがズレて、2台のマシンが壊れました。
特にフェラーリのサインツのマシンはダメージが酷く、バッテリーも新しい物が必要になりました。
既に今年の使用個数に達していたため、バッテリー交換で10グリッド降格のペナルティーを科されました。

ここからは勝手な憶測も混じるのですが、完全なコースの不備によるダメージでのバッテリー交換です。
ペナルティー無しの交換をフェラーリはアピールしたのだと思います。

全てのチームが同意すると可能だったのかもしれませんが、一つのチームが反対したらしいのです。

10グリッド降格の12番がらスタートして6位ゴールのサインツのコメント。
最悪のレースだったけれど、反対したあの2台より上位でゴールできたのだけは良かった。

ハミルトンは7位、ラッセルは8位でした。

このコメントは朝見たんですが、その後見失っちゃって、探したんだけど無いんですよ。
F1系の日本語サイトには載っていなくて.....

あくまで、飛ばないマイラーの妄想ということにしておきたいと思います。

メルセデスにすれば、僅差でコンストラクターを争っているフェラーリがペナルティーを受けるのは華なり有利に働きます。
気持ちは分からなくもないのですが、武士道精神はありませんね。

そのせっかくのチャンスだったのに、メルセデスは10ポイント鹿稼げず、26ポイントを稼いだフェラーリに4ポイント差にまで追い上げられています。

最終戦も目が離せなくなってしまいました。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。