ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


旅のスタイル

人それぞれに、いろんな旅のスタイルがあると思います。
お金が沢山あって、好きな旅行を思う存分出来る人はさておいて、出来るだけ無駄は省いて、お金を掛けるところには掛けるというのが多いパターンだと思います。

飛ばないマラー夫婦の旅のパターンを紹介しておきましょう。

初めてヨーロッパに飛んだビジネスクラスに味をしめて、出来ればビジネスクラスに乗りたい欲求が強くなっています。
エコノミーもビジネスクラスも特典航空券のマイレージには差こそあれ、一部の国の税金を除き、マイル以外の差はありません。
今だと欧米に夫婦で飛ぶと、燃油サーチャージだけで10万円がかかります。
ヨーロッパに行くのに必要なマイルはJALの場合、エコノミーで5万5千マイル、エグゼクティブ(ビジネス)クラスで8万5千マイル。

最近はビジネスクラスも格安運賃が出ていますが、それでも航空会社の正規格安運賃だと40万円以上します。
エコノミーだと10万円以下。

差額は30万円ほどで、マイルが3万マイル。
1マイル10円の価値が出てくる計算になります。
もちろん座席が取りにくいなど特典航空券ならではの制約は横に置いての話しではあります。

空港では、ゆっくりラウンジでビールを飲んで軽食を頂いて出発を待ちます。
機上では、広々とした座席、新しければ真っ平らのベッドに変身。
シャンパンも飲み放題、食事も白い食器に高価な内容。
大型モニターで最新映画も見られます。
CAさん達も、お客様として扱ってくれます。

12時間x2の快適な空の旅が3万マイルは安いと感じています。

しかし、台湾や香港などは、エコノミー2万マイルに対して、ビジネスクラスは4万マイル。
マイルが余っているならよいのですが、距離も短いので食事もそれほど豪華ではありません。
シートも広くてゆったりはしていますが、平らになるわけではありません。
ANA便などはモニターも付いていない機材だったりして映画も見られません。

体感的には、1マイル2円と行ったところでしょうか。

ホテルはその都市によって相場もありますし、為替レートも関係してきますが、高いところでは3つ星。
アジアの安いところでは4つ星、うまくキャンペーンなどに出くわすと5つ星なんて事もあります。

高くても、1泊1万5千円程度で押さえられればと思っています。

現地では、徒歩や地下鉄などを使っての観光・美術館回りなのであまりお金を使いません。
食事も、朝はホテルに着いていればホテルで、無ければ近所のカフェなので食べた方がホテルよりは安い。
先日のパリ旅行では、朝からパン屋さんを探して焼きたてのパンを部屋で食べました。
昼食はカフェやレストランで比較的しっかり食べますが、夕食は総菜などを買ってホテルでと言うことが多い。
また、日本から持って行ったカップ麺とビールやシャンパンでと言うことも。
3食レストランで食べていると、胃腸が持ちません。
胃腸が弱ると元気が出ないので、ホテルの部屋での食事は重宝します。

パリだと、メトロからホテルまでに、モノプリや総菜屋・パン屋さんなどが必ずあります。
コンビニやスーパーでも買います。
現地の人達がどんなものを食べているのかもわかり、最高に楽しいですよ。
パリのオススメはサーモンです。
アパートに泊まったときは野菜が美味しくてはまりました。
ホワイトアスパラガスやチコリ、現地で買ったマヨネーズを付けて食べまくっていました。
お肉も安いです。1ユーロ170円でも高いとは思いませんでした。

と言うことで、滞在費は本当にかかりません。

先日は弾丸だったせいもありますが、3泊5日で5万円程度。
自分や友人などへのお土産購入を除くと、パリ3泊5日で20万円はかかっていません。

燃油サーチャージ他の約8万円を引くと、夫婦2人で10万円とチョットと言う感じでしょうか。
シャンパンやビールを飲み過ぎたかもしれませんね。(笑)

さて、来年ですが、色々検索していますが....空席無いですね。
Yahooショッピングの大盤振る舞いの影響でしょうか。
しばらく厳しいかもしれませんね。

人気ランキングにいつもご協力ありがとうございます。
今日も、もう一押しお願いします。
人気blogランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログへ
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。