ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


激安でマイルも増量

今日は金曜。楽天カードを持っていると、ポイントが倍になる日です。
そして、ショップ・オブ・ザ・イヤー2006の発表があったので、選出されたお店では記念のセールなどが行われています。
総合部門と各ジャンルがあるので、かなりの数のショップが受賞しています。

私が狙っていたのは、サンワダイレクト。
最近パソコンのデータを持ち運ぶことが多いので、USBのメモリーを物色していました。
すでに持ってはいるのですが、64Mと512M。512でも、デジカメ画像をまとめて運ぶには手狭になってきました。
DVD焼くのも時間がかかるし、他のPCにデータ写してそのあと捨てるなら環境にも優しくないですよね。



購入したのは、2Gでキャップをくりっと回すタイプ。
キャップ無くすんですよね。(笑)これだと大丈夫。
ストラップの穴も開いているので、本体も無くすことはない。
2Gあれば、コンパクトデジカメの写真なら数百枚は楽ですし、動画も持ち運べます。
それで値段は、3880円
税込み・送料無料です。もちろんUSB2.0対応で速いタイプです。

楽天カードの日なので、2倍ポイント。
さらに、15日までサンワダイレクトさんは10倍ポイント。
計12%のバックがありますから、実質3400円チョット。

64Mは昔買ったのですが、6千円以上だった記憶があります。
これ、メチャクチャ安いと思いませんか。

他にもチョット買ったので到着が楽しみです。
お得な価格で購入して、マイルも貯まれば言うこと無し。

追伸:ポイントが仮加算されましたが、10倍ポイントはマイルになるポイントのようです。
12%のポイントバックになるのは楽天カードを使った場合です。
10%のポイントはマイルになるポイント。
1%の楽天カードキャンペーン分は期限付きのポイントで後日付与。マイルにはなりませんが、購入に楽天カードを使わなくても良いので、マイルの付くカードを使えばそのカードのマイルはもちろんつきます。
かなりお得な買い物でした。
10倍ポイントは15日までです。(2007/01/13)


サンワダイレクト(楽天市場)



人気ランキングに、ワンクリックご協力を!
人気blogランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログへ
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

東京メトロとANAがポイント提携

東京限定の話題は、ANAマイレージバンクと東京メトロが提携して、ポイントとマイルを相互に交換できるようになります。
AMC→TMC ANA1万マイルが1万ポイント(3月開始予定)
TMC→AMC 1千ポイントがANA600マイル(6月開始予定)ご指摘を頂き修正しました。
3月から始まるようです。

記念キャンペーンとして、1月22日から26日までの羽田到着便の中から1日十便の搭乗者全員に、2月1日から28日まで東京メトロ定期券発売所でANA国内線を購入された方全員に、東京メトロ1日フリー切符が頂けるとのこと。

東京メトロの券を買った方に、ANA無料航空券をくれるというのはないのですね。(笑)

ところで、見たことのないカードだなと思ったら、まだ発行されていないみたいですね。東京メトロのクレジットカードで、正式名称は「Tokyo Metro To Me CARD」(東京メトロ トゥーミーカード)と言うのだそうな。

私にはあまり関係のないことですが、交換先が増えるのはうれしいこと。
それに、詳細明らかではありませんが、期限間近の場合の避難先になるとうれしいですね。等価交換ですから。よそよりはレートがいいかも。
陸マイラーのやり方を研究して、最初から何らかの規制をかけてくることも考えられますが、詳細が楽しみですね。
すでに対策してありました。

新銀行東京がJALと提携して、東京メトロがANAなんですね。
札幌でも、市営交通とJR北海道がSuica系の共通カードを出すようですが、航空会社も巻き込むとか魅力的なモノにできないでしょうかね。

まあ、あまり期待していませんが。

東京の方もそうじゃない方も、ワンクリックご協力を!
人気blogランキングへ  にほんブログ村 小遣いブログへ
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。