カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「201705マドリッド 」カテゴリ記事一覧

ご案内

※過去のキャンペーン記事などは、締め切ったモノなどがあります。ご自身でご確認くださるよう、お願いします。

※これからマイレージを貯めてみようという方は、これから始めるマイレージを見るとわかりやすいと思います。


イベリア航空 復路

201705MADT060.jpg

写真は日本到着後ですが、乗ってきた機体です。

201705MADT056.jpg

今まで30回は乗っているはずのビジネスクラス。
ハッキリ言います。
まずいです。
ほとんど食べないという経験は、ありませんでした。
だから超メタボなんです。(笑)
食事の2枚目の写真通りにお返ししました。
13時間のフライトだから、お腹も空いてきました。
ビジネスクラス前方に行ってみるも、日本発じゃないからおにぎりもカップ麺もありません。
ラウンジで食べたぺったりしたサンドイッチをコーラと共に流し込みました。

201705MADT057.jpg

201705MADT059.jpg

2回目の食事。
かなり空腹だったので、食べましたが....ご飯の中に数粒干からびたのが入っていたり、修学旅行の安宿の朝食より数段ひどい状況でした。

201705MADT054.jpg

でも、一番の問題は、この立ったままの乗客達。
この写真は離陸前ですが、滑走路に向かう途中まで、立ち上がって荷物を上から降ろす人もいたりのあり得ない状況。
CAさん達もこれが通常なのか、座れとかシートベルトを締めろなんて注意は一切しません。

それでも離陸時は皆さん座っていましたが、シートベルト着用サインが消えると、ほぼまたこの写真と同じような状況が、食事時間以外は続くのです。

食事もほとんど食べず、眠たいのでシートを水平にして寝ることに。

そして、目覚めると目の前に得体の知れない巨大物体が!!
通路を挟んだ隣の席の女性のところに、男が話しに来てこちらのシートに尻を突き出すもんだから、顔のすぐ横に尻があるという状況。
しばらく状況が飲み込めませんでした。
通常だとまだまだ暗く皆寝静まっているような時間に、元気にそこら中で集まって井戸端会議。
カミさんの通路を挟んだ隣の女性のところにも、男性が寄り添ってきて熱い長い口づけ。
もうエマニュエル状態かと思うほど。
カミさんも目のやり場に困ったと言っておりました。

明け方からのこのパワー、とてもではありませんが付き合いきれません。

日本からの便では、日本人は元気だけれどおとなしい、スペイン人も帰国便なので静かに寝ていたってところか。

カナリー諸島在住の日本人の方が、もう乗らないと言っていたのは、これら全てのことが複雑に絡み合ってのことなのか。
飛ばないマイラーも、一度の13時間とか14時間は結構つらいなあと感じました。
食事がもう少しマシだったら、評価も違ったモノなのでしょうが。

と言う事で、短いマドリッド旅行の報告でした。

次は、11月のパリです。
テロが収まってくれると良いのですが....
本丸陥落のあの国モドキ、少しおとなしくしていて欲しい。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マドリッド・バラハス国際空港のラウンジ

さすがにナショナルフラッグの航空会社のラウンジ。
豪華ではありませんが、それなりに食べ物も飲み物もありました。
お味の方はさておいてと言うあたりですが.....
最初は結構イスも足りないくらい混んでいましたが、ちょっと竜とゆったりになりました。

201705MADT048.jpg

201705MADT049.jpg

201705MADT052.jpg

飛行機もすぐそばに見えて、いい感じです。

しかし、トイレットペーパーのホルダーはこれ。
なんというか、手間をかけないというか.......
カミさんが目を点にして帰ってきたので、わざわざ写真に撮ってきました。(笑)

201705MADT051.jpg
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マドリッドの写真

有名どころは、ガイドブックなどの方が親切で詳しいでしょうから、どうしようも無い写真を少し

201705MAD030.jpg

何屋さんか忘れましたが、肉屋ではなかったと思います。

201705MAD023.jpg

天井から数え切れないほどのイベリコ豚のハムがぶら下がっています。
開店前の準備中だったのが残念。

201705MAD026.jpg

相当長い足だと思います。バルセロナでもこんなのがあったような記憶が.....

201705MAD039.jpg

レンタル自転車がマドリッドにもあります。色違いの数社があるようですが、故障が多くて使い物にならないという話です。
パリも当初は修理が大変だったと聞きますが、すっかり定着しています。

201705MAD168.jpg

テロの話を聞かないスペインですが、観光客のいるところに警察官有りって感じ。
騎馬警察隊でしょうが、ここでは蹄鉄が滑って馬も転びそうにそろりと歩いていました。

201705MAD196.jpg

王宮です

201705MAD204.jpg

スペインでは一番有名ですね。
結構いろんなところでお見かけします。

201705MAD034.jpg

この辺りのシャッターもいたずら書きだらけでしたが、こういった綺麗な日本風の絵が書いたシャッターは無傷です。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

バル

このところ日本国内でもスペインバルは大人気です。
札幌市内でも何件も出来ているようです。
ほとんど行ったことはありませんが.......

この日はサンミゲル市場を目指して、マヨール広場やデルソルを見学しながらぷらぷらと。
サンミゲル市場が判らず迷っていたら、見たことあるようなお店が。
日本語の『マッシユルーム』って看板はよくスペイン旅行のテレビでも出てきます。
マッシュルームのピンチョスが一番食べたかったのですぐさま入店。
客もほとんどいない早い時間だったのですが、店内奥に案内してくれました。
メニューを見て判ったのですが、テーブル席はお高いんですね。(笑)

201705MAD170.jpg

まだ早いので、サングリアをお供に頂くことに。
このマッシュルームはとってもおいしいです。
帰ったら自宅で作って見ようといっていたのですが....いまだ実行できていませんが。

201705MAD174.jpg

店を出ると、結構そばにサンミゲル市場はありました。
しかし、凄い人です。
人混みが嫌いな飛ばないマイラー夫婦には試練です。
それでも現地在住のお姉様に、待っていればそのうち注文できるからなんてアドバイスを頂いて、やっと一皿買って、違う店でカウンターに滑り込んでもう一皿とビールをゲット。
ホテルから700mくらいのところにあるサンアントン市場は、市場とスーパーマーケットとバルトレストランが全てある便利なところでした。
しかし、サンミゲル市場は観光客向けのバル専門って感じです。
とにかく混んでいます。
寿司や日本酒を扱っているお店もありました。

201705MAD185.jpg

201705MAD177.jpg

201705MAD179.jpg

201705MAD183.jpg

急いで食べて、外に出ると、食べ忘れていたモノを発見。
しかし、観光客であふれる市場のとなりにあるカフェなのですが、とにかく英語は通じません。
イタリアやスペインは侮れません。(笑)

チュロスが通じないので、写真のところへ行って指さし確認。
ここのはバルセロナで食べたのより油っぽかった。
それでもチョコレートドリンクとセットで頂きました。

食べ終わってもチェックプリーズも通じません。
仕方がないので、Google翻訳を出してスペイン語に変換して見せたらにっこり笑って理解してくれました。

判らなかったふりではなかったと言うことでしょう。
そういえば、セゴビアに行くとニコバスターミナルの切符売りのオバさんも、ワン・ツースリーすら通じなかった。
ウノ・ドスだと一発なんですが.....1~10全部覚えていないし。(爆)
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

美術館めぐり

201705MADT011.jpg

マドリッドの美術館は有名どころが3カ所。

プラド美術館・ティッセン・ボルネミッサ美術館・ソフィア王妃芸術センター

無料日があったり、無料の時間があったりするのですが、どうにもスケジュールが合わない。

おまけに、一度入場するとなかなか出たがらない人といっしょなモノで、入場料をしっかり払っての入場となったのですが......プラド美術館以外は無料の時間で事足りたと思います。

なんと言っても感動したのは、ベラスケスのラスメニーナス。
この絵を見に行ったと言っても過言でないほどカミさんも私も大感激でした。
残念ながらプラド美術館は写真撮影が駄目なので、ミュージアムショップで諸々購入してきました。
また、モナリザの従姉妹みたいな絵があって、寂しいことに誰も見ないんですよ。
ほとんどモナリザなんですが、若干気品には欠けるような、なんとも笑っちゃうような......
どうもダビンチのアトリエで模写されたモノらしく、模写の中では一番初期のモノだろうとのこと。
残念ながら、ダビンチは関わっていないだろうと言うことでした。

ソフィア美術館はパリのポンピドゥーセンター国立近代美術館みたいな感じで、よく判らない近代系の作品だらけ。
ここはカミさんも、それほど時間をかけないで見てくれたので、楽な美術館でした。(笑)
ピカソのゲルニカが有名ですが、少なくとも飛ばないマイラーは感激しませんでした。
バルセロナのピカソ美術館の方が余程素晴らしい絵が沢山あったと思います。
もちろん個人的な好みです。

ティッセン ボルネミッサ美術館は唯一写真撮影が所々OKで、少し時間が潰せます。
残念だったのは、見たい2枚の絵が2枚とも貸し出し中だったこと。
縁が無かったと言うことでしょう。

縁と言えば、クラーナハってご存じです?
昨年の春、ウィーンへ行ったときにクラーナハって絵描きさんの特別展みたいのがあったので見ていたんです。
昨年の秋、東京へ行ったときに国立西洋美術館で『クラーナハ展-500年後の誘惑』ってのが開催中で見たんです。
なんと、ティッセン ボルネミッサ美術館でも特別展示されていたという、なんとも縁の深いこと。
残念ながら特別展は写真は駄目と言うことで.....残念でした。

しかし、まずい写真を一枚載せてしまった。
カミさんには絶対見せられません!!!

201705MADT026.jpg

201705MAD084.jpg

201705MAD083.jpg
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

Janatomo(花友)

201705MAD096.jpg

201705MAD097.jpg

201705MAD098.jpg

201705MADT041.jpg

201705MADT043.jpg

201705MADT044.jpg

201705MADT045.jpg

スペイン人でホセさんとか言うのは”J”で始まるんです。
スペインの挨拶は”オラ”ですが、Holaって表記です。
Hanatomoって書くと アナトモって読まれるのかもしれません。
今回JALワンワールドのイベリア航空なので、アナトモってのはまずいかもしれない......
なので、Janatomo 花友さんです。

ご主人は日本人で、日本料理専門。
中華料理のシェフもいらっしゃるようです。
奥様がホールを仕切っていて台湾の方。
なので、接客係は台湾系の方とスペイン系の方達と見えました。

客層もほとんどが地元の方達で賑わっていますので、ご主人ご夫婦以外は日本語はあまり得意では無いようです。

もっとも、全員日本語べらべらだったら、料理が本格的なだけに海外で日本食を頂いている楽しさが無くなるので丁度良いと思います。

ランチは15ユーロ(1名)くらいから、驚きのディナーは2人前で48ユーロから。
一人48ユーロだと思っていたので、びっくりしてしまいました。

このお店のあたりは日本食関連のレストランが多く、こじゃれた焼き鳥屋なんかは8時過ぎから満席でした。

最初は違う店に行く予定だったのですが、日本人のやっているお店では無さそうだったので、こちらに変えて大正解。
2度もお邪魔することに。

調理場から出てこられて、いろんな話を伺って、到着した日に来たら良かったと思いました。

なお、夏は一ヶ月奥様のご実家 台湾に里帰りするとおっしゃっていました。
お店はお休みになるのかもしれません。

最後の天ぷらの写真は、綺麗に盛り付けてあったのをぐちゃぐちゃにしたのは私です。
天ぷらの上の写真は、アヒルの舌だか喉だかの珍味だそうです。(メニューにはありません)

味もお話しも大満足の はなとも さんでした。

人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

自炊生活

201705MADT016.jpg

201705MADT019.jpg

201705MADT024.jpg

201705MADT047.jpg

201705MADT022.jpg

最近はほとんどキッチン付きのホテルを宿にしています。
体力に欠ける夫婦なので、日中歩き回って疲れ果てて夕食を外に食べに出るのがダルくって、お総菜を買っての夕食。
お酒を飲んでもそのまま寝られるのでとっても便利。

今回は30度超えの予想もあったので、冷や麦も持参。

今回のマドリッドも、キッチン付きのホテル
ホテルから300メートルくらいのところにスーパーが有り、700mくらいのところに市場があったので、買い出しにも苦労しませんでした。
野菜を買い込みすぎて、むりっくり野菜を食べる毎日になってしまいました。
カミさんも頑張って色々料理してくれましたって、茹でたり焼いたりくらいですが。
今回は、コンロの火力が強かったし、キッチンもそこそこ広くて良いアパートでした。

一番下のオレンジは、少し小ぶりですが果汁たっぷりでとっても甘かった。
13個入って1ユーロでしたから、1個10円しない。
キッチンが無くても食べられますので、スペインに行かれたら是非食べてみてください。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

フラメンコ「TORRES BERMEJAS」

唯一日本で申し込んでおいたフラメンコショー
食事付きで2名1万6千円ほど。
以前バルセロナのスペイン村で見たときが良かったので、スペインへ行ったらまたみたいと思っていました。

送迎無しのプランで、比較安めのチケットでした。
送迎無しと言っても、ホテルからは300mくらいのところ。

8時までにはとチケットに書いてあったので、8時ちょっと前に行くと20分ほどしてから来てくれと言うことで、近所のZARA南下によって時間を潰して戻ると、結構お客さんが待っていました。

この回も満席の盛況で、なかなか準備が整いません。
入場が30分延びたのも、前の回も客さばきがなかなか出来なかったかららしい。

席に着いてから食事まで30分ほどかかったので、前菜を食べ終わった頃にもうステージが始まりました。

201705MAD057.jpg

201705MAD060.jpg

201705MAD069.jpg

ギターを弾き始めたのですが、後ろの日本人高齢者の団体と、右側の白人2人組がうるさくてギターが聞こえない。
前の白人カップルからはにらまれるし......私達の後ろをにらんでいるんだけども同国人としては気が気では無い。

私もいっしょににらんだりしたけど効果は限定的。
ついには声を出して注意してしまいました。
それでも、最後までうるさくて、演者から”しー”と言われる始末......

日本では度々中国人観光客のマナーの悪さを面白おかしく取り上げたりしていますが、スペインでみる中国人はマナーは良かったですよ。
個人旅行で動いている人が多かったですし、グループでも二桁は行かない程度。
ここでも、日本人よりずっと良い席に座っていました。
うるさかった日本人のグループは20人ほどでしたので、グループの人数は結構マナーと関連があるかも知れません。
ここのバウチャーはマイバスで発行したモノだったので、日本人の団体が多いのかもしれません。

うるさい客は別にすると、素晴らしい踊りとギター、そして大好きな歌。
全部良かった。

食事はこんなモノだろうという程度でした。
ドリンクだけで見るってのも良いかもしれません。
一人20ユーロは安かったと思います。

201705MADT014.jpg

201705MADT013.jpg

終わったのは11時くらいうだったかと。
グランビア通りを挟んだところにあるホテルまでは、人通りが絶えなくて、全く問題はありませんでした。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

セゴビアはとても良かった

いつもは現地ツアーを1~2予約して出かけるのですが、今回は難病発覚後の初めての長距離移動ですから、体調面での不安があり美術館だけ見て回ることに全力をとカミさんにも宣言していました。
それでも、出発直前にフラメンコのチケットだけは手配しておきました。
3つの美術館も見終わって、最終日の前日セゴビアに出かけてきました。
マドリッド近郊の人気の観光地はトレドとセゴビアだと思うのですが、トレドの方がかなり街が大きく、体力ゼロの夫婦が自力で見て歩くには厳しそうな感じがしていました。
セゴビアは、徒歩で半日もあればのんびり見て回れそうな感じだったので、雨予報だったのですが、思い切って出かけてみました。

メトロのグランビア駅から、乗り換えてモンクロアバスターミナルに。
La Sepulvedana(ラ・セプルベダーナ)のチケット売り場へ出かけると、綺麗なお姉ちゃんがランチ付きのバスチケットを強烈に売り込みます。
胡散臭そうなので断ったら、切符売り場のイスに座ってしまった。
それでも、何が食べられるのかもよく判らなかったので断って正解。
しかし、気分を害したお姉様は、結構混んでいる客がいるにもかかわらず、バスチケット売りはもう一人のお姉さんに任せっきりで、そっちの窓口に行った客には、お休みみたいな札を見せて読図いていました....こわっ

搭乗口の番号を言われて、上の階に上がるも、まだ地下のようでした。
写真のバスは、その時止まっていたバスをとったので行き先が違います。

バスは、WIFI付きの高速バス(トイレ無し)で快速(?)はほぼ1時間で着きます。
(帰りのバスはWifi無しでした。)
変なのに乗ると30分程余計にかかるみたいなので、チケットを買うときに時刻表があるのでよく見て買いましょう。

201705MADT029.jpg

セゴビアの街に入るとバスが止まりますが、そこでおりてはいけません。
終点のバスターミナルでおりること。
観光客っぽい人はみんな水道橋の方へ行くので、後を付いていけば間違いありません。
私達夫婦は、200mほど歩いてGoogleマップに間違いを指摘されてしまって戻りましたが......

遠くからも水道橋が見えるので、私達以外は間違えないと思います。(笑)

紀元前に作られたという水道橋は圧巻でした。
感激の度合いで言うと、はじめてパリの凱旋門を見たときに匹敵するかも。
あいにくの灰色の空ではありましたが、雨の予報でしたから雨が降らないだけでも有難い。
若干のアップダウン程度は元気に歩いていたのですが、水道橋の端の上までの階段はきつかった。

201705MAD123.jpg

続いて、マヨール広場とカテドラルへ向かいます。
道の両脇にはレストランや土産物屋が沢山で、飽きることはありません。

広場の角でサンドウィッチとカプチーノを頂きました。
休んでいたら空はいつの間にか青色に変わっていました。
このカテドラルは本当に綺麗でした。

201705MADT035.jpg

最後の目的地 アルカサルへ。
ディズニーの白雪姫のお城のモデルになったとか言われているそうですが、一旦高台から降りて見なければその感じは掴めないようです。
このお城もずいぶん手入れが行き届いているのか、綺麗なお城でした。
お城の手前横にある広場からは、まるでトスカーナ地方のような風景が広がっています。

201705MAD147.jpg

非常にコンパクトにまとまった歴史のテーマパークのような街でした。
あまり写しませんでしたが、観光客の数も半端ありません。
海外から来たようなグループはもちろん、小学生やそれ以下のグループなど多彩です。

バス代(2人で30ユーロ弱)しかかかりませんので、大変リーズナブルなコストパフォーマンスの高い観光が出来ると思います。

正直、マドリッドにはこれと言った見るモノもあまりないので、半日時間があれば出かけてみると良いと思います。

案内にも、カタカナ表記があって笑ってしまいました。

201705MAD158.jpg
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

イベリア航空往路

旅の数日前に、ネットでイベリア航空の機内食を検索すると、その多くの検索結果に”お腹が空いた”と言った文字が並ぶ。
育ち盛りの息子は、持ち込んだスナック菓子で飢えをしのいだなんて話も。

エコノミークラスのモノだとは思うのだが、覚悟はしておいた方が良いのかもしれないと思った。

家を5時過ぎに出て、千歳空港のJALカウンターで成田までのと成田からマドリッドの2枚のeチケットを出して、荷物をマドリッドで受け取れるようにお願いして、実際そうなったのだが.....ビジネスクラスで到着するも、荷物が出てきたのは最後の方。
スーツケースには、プライオリティータグは無かった。

成田でラウンジに入る時間があったので、久し振りのJALカレーを少々と生ビールを頂いてから搭乗ゲートへ。

優先搭乗のはずが、ゲートのところでパスポート出したり色々。
以前もJALではこんな事があった。
新千歳から来るとこうなるのだろうか。
新千歳のカウンターの手続きがどうのと言っていたような......

おまけに、座席指定していたのに機材が変わったとかでバラバラに。
シートマップは予約時と変わらなかったような。
ここで、縦に私達夫婦に割り込んだ形になった日本人の方が、座席を替わりましょうとカミさんと入れ替わってくれた。(ありがとうございました。)

201705MADT003.jpg

201705MAD005.jpg

201705MAD006.jpg

201705MAD007.jpg

ウェルカムドリンクのカバを頂きながら、最近多いテイクオフを知らずに寝てしまうパターンに。

しばらくして、お食事の時間。
取り立ててまずくは無いが、それ以上でもそれ以下でも無かったが、かなり小食になった飛ばないマイラーでも満腹感はなかった感じの食事でした。

映画は、思いのほか日本語対応していました。
しかし、往復すると半分寝ていても見たいジャンルのモノが無くなるかもしれない。
モニターで映画を見ながらでも、リモコンにマップを表示でき現在地や到着予定時間などが判るので、かなりの優れものです。

日本人CAさんは数人乗っているのですが、前方右側には日本人の気配は無く、痒いところに手の届かないサービスでした。

2回の食事の間には、お菓子やスナックおにぎりなどが前方においてあるので、トイレに行った帰りに頂いてきました。
日系だと、起きていると”何かお持ちしましょうか”なんて優しいお声がけがあるのですが、ここでは全く.....

それでも、2016年定時到着率1位のイベリア航空だけあって、若干早めの到着予定。
2回目の食事は出ないんだろうかと思う頃にやっと食事が配られ、何とか胃に流し込んだ。
1Aから配りだして、左側の列が終わってから右側最後尾から順次配っているらしく。
1A近辺の人は食べ終わっているようなときにやっと順番が来ると言った感じでした。

こちらもお味はまずくは無いと言った程度で、量的にも少ないかもしれない。

まあ、おにぎりを頂いていたので、それなりではあった。

とにかく無事について良かった!!

201705MAD010.jpg

201705MADT006.jpg

座席を替わってくれた男性は、カナリア諸島に住んでいるのだとか。
年に一度日本に帰って、その帰りだという。
乗り継いで後3~4時間まだかかるとのこと。
イベリア航空の感想は、かなりお気に召さなかったらしい。
サービスが話にならないといった感じで、もう乗ることは無いなんて事をおっしゃっていました。
人気ランキング参加中
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。